インプラント保証規約

paperpencil32.pngインプラント術後10年間
補綴術後2年間

当院でインプラント治療をお受けしていただいた患者様に対し、万が一問題が生じた場合、インプラント保証規約に基づき、責任をもって再治療を行います。

インプラントを長く持たせるためのお願い

インプラントを長期的に安定するためには定期検査が必要となります。
定期検査の間隔は個人によって違います。もともと歯周病が重度である場合や、プラークコントロール(歯ブラシの程度)、歯ぎしりや、噛み合わせに問題がある場合には1~3ヶ月程度の間隔で来院していただくことがあります。

定期検査でのメンテナンス項目

  • インプラント周囲の歯肉炎チェックと予防
  • 噛み合わせのチェック
  • 天然歯の歯周病のチェック
  • かぶせ物(人口歯)の破損の有無のチェック

またインプラント治療後も、徹底したブラッシングが必要です。インプラントは虫歯になることはありませんが、インプラント周囲炎という状態にはなります。 最悪の場合インプラントはグラグラし、脱落してしまいます。その原因は、虫歯と同じで歯垢です。

当院では、定期検査で正しい歯磨きの指導や歯石の除去などの専門的な口腔内清掃をさせていただきます。