骨再生医療GBR

骨再生(GBR)法とは、骨組織を再生させる治療法です。
細かく粉砕した自家骨や骨補填剤を骨の厚みが足りない部分の歯茎に敷き、その上からメンブレンと呼ばれる人工膜を 被せて歯槽骨(顎の骨)を再生させます。

GBRは、顎骨の増大を目的として、インプラントを埋入する手術前に行われる場合と、インプラントの埋入と同時に行われる場合があります。インプラントを植立する為の骨幅や骨の高さがない場合に、そのままの状態で従来のインプラント治療を行うと、成功率は非常に低くなり、長期的な安定は期待できなくなってしまうのです。

骨を作りたい部分に自分の骨や骨補填材とよばれる代替材をまぜたものを骨再生の為のスペース内に入れて骨の成長を促します。

以下のような方は
GBRをお勧めします

  • インプラントを行うための骨が不足している方
  • 土台となる歯周組織の状態が悪い方
  • 歯が抜けてから長い期間が経っている方
  • 歯周病が原因で歯を失った方

手術に関する注意点

  • 骨ができるまで、最低半年~1年間必要
  • 自分の骨の採取が必要
  • 手術後の腫れやある程度の内出血が避けられない

治療の流れ

  • 1.まず骨幅や高さを増やしたい部分に、骨面にネジやブロックを置いて骨再生の為のスペースを作ります。
  • 2.そのスペースに自家骨とその他の骨類似物質を混ぜ合わせたものを置きます。
  • 3.遮断膜(骨ができるまで歯茎の進入を防ぎ、骨の再生を促す膜)で被覆させてその上に歯茎を被せて縫合します。