サイナスリフト・ソケットリフト

通常の上の顎のインプラントは、上顎洞の下の骨の部分に埋め込むわけですが、そこの骨が足りない場合があります。
そういう時に、上顎洞を持ち上げて、インプラントを埋め込むサイナスリフトとソケットリフトという、2種類の手術方法があります。

サイナスリフト

サイナスリフトは、上顎洞の横から穴を開けて移植骨を入れ、骨を作ります。その為、手術にとる負担がかなり大きくなります。(ソケットリフトに比べて腫れます。)また、サイナスリフトには移植骨の生着をもって二次的にインプラント埋入を行う方法と骨移植と同時にフィクスチャー(インプラント体)を埋入する方法とがあります。後者は、仮歯が入るまでの期間が短縮され、手術回数も減って、患者様の負担が少ないというメリットがございます。

ソケットリフト

骨の高さが足りない部分の、上顎洞底の骨を若木骨折させ、オステオトームという器具で上顎洞底を押し上げます。 (人工の骨補鎮材を挿入する場合もあります。)上顎洞底が持ち上がったところで、インプラントを埋入します。 ソケットリフトは、歯槽頂(上顎洞の真下)からアプローチする為に、手術の負担は少なく、ほとんどの場合はこれで対応できます。

Before

症例

After

症例